教師の紹介

仁子真裕美(にごまゆみ)先生 担当クラス:初級

日本語を初めて勉強する人が入る初級クラスの先生をご紹介します。

Q1:新入生のクラスが始まるとき、どんなお気持ちですか?
A: どんな学生が来るか、毎回わくわくします。すごく緊張もしますが、楽しみな気持ちのほうが強いです。
 
Q2: 楽しいと評判の仁子先生の授業ですが、授業で大切にしていることは何ですか?
A:一番大事にしていることは、学生と教師の信頼関係です。信頼関係が築けなかったら授業はできませんから。 それから、どれだけ自分が話さず、学生に話させるか、考えさせるかということも大切です。 教師が文法を説明するのではなく、会話の中で学生自身が言いたいことをどう言えばいいのかわかるような授業にしたいといつも考 えています。学生自身に、「こういう時はこう話せばいいんだ」、「日本語の勉強は面白いなあ」と思ってもらえるような授業にしたいですね。
仁子真裕美(にごまゆみ)先生 担当クラス:初級
Q3: そのためには、授業の準備にも相当な時間がかかりそうですが…
A: 本当に時間がかかります!学生の顔を一人ずつ思い浮かべながら、 この学生にはこの質問、あの学生にはあの質問を…、 と考えたり、私の問いかけに対する反応もいろいろ想定して、何通りも流れを準備します。
授業の日は学校に着く電車の中でも、最後の最後まで教案をチェックしながら学校へ来るようにしています。
 
Q4: 日本語教師をしていて、どんなことが楽しいですか?
授業の準備は本当に大変なんですが、ひとたび教室に入ると、学生からたくさんの元気をもらえます。それが本当に楽しいです。こんなに楽しい仕事は他にないんじゃないかと思っています。
 
Q5: 海外での生活が長いそうですが、どちらに住んでいらっしゃったんですか?
A: 香港やイギリス、フランス、オランダに住んでいました。学生時代には中国に留学して いたこともあります。
中国や香港は漢字がわかるのでそれほど大変な思いはしなかったのですが、フランスへは急に引越しがきまり、フランス語もJe t'aimeやUn, deux, troisくらいしか知らないままフランスに向かい、周りに日本人やアジアの人が全く住んでいなかったので、 いろいろなことが大変でした。
言葉が通じなくて無視されると本当につらかったです。 日本で学生たちも、あんな気持ちになるのかななんてときどき思います。
教師の紹介
Q6: これから留学したい人へのメッセージをお願いします。
A: 違う国を知ることは、自分の常識が一つではないこと、考え方にはいろいろあるということを知ることができ、自分の人生にとって、 とても有意義なことだと思います。その国の文化が、自分の国の文化と違えば違うほど、その経験は面白いものになると思います。 そして複眼的なものの見方ができるようになるのでは、と思います。
スタッフの一人、マレーシア出身のン・フォンイさんを紹介します。
スタッフの一人、マレーシア出身のン・フォンイさんを紹介します。
中国語(北京語、広東語)、英語、日本語、マレー語の5カ国語に堪能なンさんは、当校で留学ビザ申請や学生の対応などを担当しています 。
Q1:日本へ来たきっかけは?
マレーシアで3年間日本語を勉強しており、2年目に通っていたマレーシア日本語協会が主催した宮崎県でのホームステイに参加し、 それがきっかけで日本語がもっと気に入ったんです。それで、留学という話が出てきたとき、日本が最初に頭に浮かび、日本に来ることにしました。
 
Q2: 日本語学校時代の将来のビジョンは?
当時は日本で就職したいとは思っておらず、進学のみを考えていました。 また、日本に長くいられないかもしれないと思い、2年間の専門学校へ進学することに決めました。
進学先の専門学校では中国語と日本語の通訳の勉強をしました。 その学校で、優秀な現役の通訳者の先生方の姿を見て、日本で通訳として仕事をしてもいいのでは、と初めて思いました。 しかし、すぐには就職活動をしませんでした。それは、まだまだ自分が関心を持っていることについて学校で勉強したかったからで、 両親の承諾を得てさらにもう一つの専門学校へ入学しました。
就職について真剣に考えるようになったのはその頃からです。 いろいろな国の人と接することができる日本語学校への就職を考え始めました。
 
Q3: 東京リバーサイド学園での仕事はどうですか?
これまでのアルバイトで、日本人の仕事ぶりをよく見て、日本の会社内でのやり取りもきちんと覚えてきたので、東京リバーサイド 学園に入社してからもすぐに慣れることができました。あとは、仕事内容をちゃんと覚えることです。 仕事で日本語を使う上で、一番難しいのは敬語を使うことです。日本語学校でしっかり勉強したので、敬語の文法はしっかり頭に入っ ていますが、なかなか口から出てこないのです。アルバイトで使っていた敬語なら自然に出てきますが、他はまだ時間がかかりそうです。
 
Q4: これから日本でしたいことは?
仕事はまだ始まったばかりなので、これから月々お金を貯め、まず日本中を回ってみたいと思います。 せっかく日本にいるので、そうしないともったいない感じがします。
日本へ留学したい人へのメッセージ
留学を考えている人から、「日本のアニメが好きです」、「日本でアニメについて勉強したいです」とよく聞きます。日本のアニメは非常に有名ですが、日本で勉強できるものはまだまだたくさんあります。
留学して、興味の持てるものをたくさん自分で見つけてください。
お問い合わせ・資料請求はこちらカタログダウンロード浅草街のリンク~季節行事~浅草街のリンク~スポット紹介~
お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGETOP