学校案内

学校案内
学校案内
学校案内
学校案内

校長挨拶

日本から世界の皆さんへ
第二次大戦に敗れた日本は焦土と化した四島に、8千万人の日本人が存在するのみで、この復興は東アジア諸国の人々と協力して共に繁栄に向かって努力する以外には不可能であると確信しました。特に国土が広く人口の多い、古代日本文化の発展の原動力となった中国との連携が最大の課題であると考えました。

1956年、中国人民外交学会の招きを受けて訪中した際には、6ヶ月の滞在中、周恩来首相と面談し、両国の青年の交流が大切であることを指摘され、これを拡大・発展させることを誓って帰国しました。

その後、五十数年間、私はアジア諸国、特に日中友好活動を使命として努力を続け、今日敗戦後の日本は日本人の懸命な努力により、立派に復興し、中国も大発展を成し遂げ、東アジア諸国も逐次発展しつつあり、この地域の平和・友好関係は、世界の平和・発展の重要な要素となっています。
私は、人生の最後の仕事として、日本と中国の架け橋となる若者を養成し、第二の魯迅、孫文を育てたいと思いました。そのために、日本語の学習はもちろんのこと、学校以外での日本人との接し方、礼儀作法も重要と考え、その教育にも力を入れています。留学生は一家の希望の星です。13億人の中から選ばれて来日した中国の学生を初め、アジア諸国の学生は、世界の平和発展のためにも日本人と仲良くして地域の人々にかわいがってもらい、よい思い出を作り母国へ帰ってほしいと願っています。
当校は設立当初はアジア諸国、特に中国の青少年の育成に努力を重ねて参りましたが、現在は浅草という場所柄、イギリス・イタリア・ロシア等のヨーロッパ諸国、ウズベキスタン等中央アジアの国々の学生も多数在籍しています。世界に目を向け、将来に大きな希望を持っている学生を歓迎します。
今後も、世界の進歩・発展・繁栄に寄与すると共に日本も共に発展・繁栄できるようにしたいと考えて、学校経営を行っています。
左端:校長浜口猛比古 右端:元中国外務大臣唐家璇

学校概要

設立日 1988年6月
校長 浜口猛比古
理事長 鈴木光子
定員 254名(二部制)
入学期 1月、4月、7月、10月

特徴:本学園いちおしポイント!

環境がすばらしい!!
環境がすばらしい!!
日本文化が身近に感じられる、東京を 代表する観光地、浅草にあります。
浅草寺(せんそうじ)と隅田川が学校のすぐそばにあり、墨堤 桜並木のお花見、三社祭(さんじゃまつり)・隅田川花火大会・馬から矢を射る流鏑馬(やぶさめ)など、浅草の 有名な行事を気軽に見学に行くことができます。
日頃から街中(まちなか)を人力車や相撲の力 士が行き交い、 風情(ふぜい)のあるいい雰囲気です。
また新名所スカイツリーの威容も、学校から隅田川対岸に大きく見えます。
地元との交流がすばらしい!!
本校は地域に貢献できる 日本語学校をめざしています。
本校近くの浅草小学校、石浜小学校などと活発な生徒交流会を持ち、毎年、東京三大祭りである三社祭にも参加して、元気よく神輿(みこし) を担いでいます。
地元との交流がすばらしい!!
熱心な対応がすばらしい!!
熱心な対応がすばらしい!!
学習面では、優秀かつ熱心な教師陣が実用日本語の教授だけでなく、日々の生活指導にも熱意をこめてあたり、留学生が安心して生活できるように努めています。

施設

入口
入口
裏口
裏口
事務室
事務室
教室201
教室201
休憩室
休憩室
教室101
教室101

Q&A

Q&A
スクールライフ
Q1.学生の国籍は?
現在、中国、韓国、ウズベキスタン、ベトナム、フィリピン、イギリス、イタリア、アメリカ、ラオス、イラン、スリランカ、デンマークの学生たちが学んでいます。

Q2.1クラスの人数は何人ぐらいですか。
20名以内です。

Q3.時間割はどうなっていますか。
授業は一日4時間あり、午前クラスか午後クラスのいずれかで勉強します。 午前クラスは9時から12時30分まで、午後クラスは1時から4時30分までです。

Q4.先生は、全員日本人ですか。
はい、全員日本人です。経験豊かで優秀な教師陣が、熱心に丁寧に指導いたします。

Q5.どんな勉強方法ですか。
他校によくある、日本語文法を積み上げていくだけの勉強方法ではなく、日本語を「使える」ようになることを目標とした、コミュニケーション主体の(会話力を重視した)教授法です。

Q6. 日本留学試験や日本語能力試験の対策はありますか。
はい、充実した対策があります。

Q7.留学試験のための英語や数学の勉強もできますか。
通常授業のカリキュラムにはありませんが、夏休み期間などに特別コースとして、英語や数学の講習があります。

Q8.どんな行事がありますか。
お花見や富士山旅行、東京ディズニーランドなど、季節に合わせた行事があります。
また、浅草は古くからの伝統が守られている場所でもあり、5月の三社祭や12月の羽子板市など、年間を通して日本の伝統文化に触れ合うことができます。詳しくは、年間行事をご覧ください。

Q9.課外授業はありますか。
ビール工場やホンダ自動車工場、本所防災館の見学など、クラスのレベルに合わせて、課外授業のカリキュラムを組んでいます。詳しくは、年間行事をご覧ください。

Q10.進学や就職へのサポートはありますか。
はい。経験豊かな教師陣が丁寧に進学指導いたします。主な進学先、就職先については、卒業後の進路をご覧ください。

Q11.奨学金制度がありますか。
はい、あります。当校在籍が2年目で、成績が5番以内で出席率のいい学生が対象です。


 
事務関係
Q1.入学時期は決まっていますか。必要な書類は何ですか。
留学ビザの学生の場合は、1月・4月・7月・10月の年4回です。短期ビザの方の場合は、随時入学可能ですので、ご相談ください。
詳しくは、 「学費」「申請方法」をご覧ください。

Q2.空港への出迎えサービスはありますか。
はい、あります。ただし、料金がかかります。場合によっては、契約している寮からの出迎えがあります。詳しくはお問い合わせください。

Q3.寮はありますか。
当校で紹介できる寮が、浅草に2つ、上野と日暮里に1つずつあります。
契約は個人で行っていただきます。詳しくは、「学生寮」をご覧ください。

Q4.アルバイトはできますか。
留学ビザの場合は、入学後、入国管理局から「資格外活動許可証」を取得後、週28時間までアルバイトができます。

Q5.外国語が話せるスタッフがいますか。
はい、います。中国語(北京語・広東語)、英語、韓国語、ポルトガル語、マレー語に対応できます。

Q6.通学定期券は買えますか。
都営地下鉄、都電、都営バスの定期券は、学生割引で買うことができます。
詳しくは、事務スタッフまでお問い合わせください。

Q7.留学ビザではないのですが、短期で学習することはできますか。
はい、できます。短期ビザの方は、随時入学可能ですので、お気軽にご相談ください。

Q8.年齢制限はありますか。
いいえ、ありません。ただし、入学希望者の条件および国籍により内容が異なりますので、ご相談ください。

Q9.ビザ更新時のサポートはありますか。
はい、あります。事務スタッフがサポートいたしますので、ご安心ください。


 
お問い合わせ・資料請求はこちらカタログダウンロード浅草街のリンク~季節行事~浅草街のリンク~スポット紹介~
お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGETOP